どうイカせるかにこだわる痴女デリヘル嬢

投稿日:2016年03月09日

痴女デリヘルから来た風俗嬢、ただ責めて気持ちよくさせるというものではなくて、どうイカせるか、それにこだわった人のようにも思えました。考えようにはスキモノだから、そういったやり方になるのかもしれません。確かに焦らしなんかもあったんですが、ただ間を持たせるためのものでなく、射精寸前でたまらなく気持ちよくなっているを長続きさせる、そんなようにも思えました。やけに印象的だったのは、こちらが出す瞬簡に、向こうはウットリした表情を浮かべていることでした。おシゴト終えたというより、達成感というか満足感というか、そんなものを顔に浮かべていたのです。プレイの内容としては、やっぱり相手の痴女にいいようにされていたようなものですが、こちらがイキそうになっているところをいじめられてる、といったものではありません。そのせいか、形は違えど奉仕プレイされているような感覚にも陥りました。終わった時にはこちらもかなり満足していましたから、ホクホク顔でその場を離れることが出来ました。